Happy*Canvas

Category構築 2/6

スポンサーサイト

  • Comment -
  • Trackback -

【SM】ガルーラ+シャンデラ【シーズン3使用構築(最終2175 - 7位)】

〇使用TN Lobelia  2175(最終7位)しばらくポケモンから離れている間、催眠ゲンガーが環境に大量発生しているという噂を随所で見かけていたので下からの遂行では運負けが増えると判断し、高い汎用性を持ちつつカプ・コケコやゲンガーを上からワンパンできるスカーフシャンデラを軸に採用。メガ枠としての性能は今一つ劣るものの、シャンデラの相方としてはガルーラが適任だと感じたのでこの二匹を土台に残りの枠を考えた。ガルー...

  • Comment 3
  • Trackback 0

【ORAS】ガルクレセウルガ【シーズン17使用構築(最終2242&2231)】

○使用TNValkyria 2242(最終1位)Calc. 2231(最終2位)S17は最終シーズンだったということもあり、これまでのトップメタはもちろんルカリオ、ボーマンダ、ミミロップなど様々なタイプの構築軸が環境に蔓延していたことに加え、こちらが想定しないプレイングを序盤から強引に通して勝ちを狙いに来る相手が非常に多かった。そのため特定の並びや動きに対して過剰にメタを張ろうとせずに、有利対面の安定択でできるだけ大きくアドバ...

  • Comment 6
  • Trackback 0

【ORAS】ジョウトオープン使用構築【最終1862・最終結果2位】

 ポケモンから離れていた仲良しのフォロワーがジョウトオープンに面白さを見出して一時的に復帰していたのを見て、便乗する形で出場してきました。全国図鑑001~251のポケモンのみ出場可能、過去作あり、持ち物あり、メガストーン禁止というかなり特殊なルール。過去に行われたカントーカップの発展系のようなものですね。特殊ルールに参加するのが初めてということもあり環境が一切わからなかったので、仲良しフォロワーをも...

  • Comment 1
  • Trackback 0

【ORAS】壁クレッフィ軸【シーズン15使用構築(最終2204)】

【最終レート】2204 最終36位シーズン15は『ガルーラ+ガブリアス+キノガッサ、ファイアロー』等を主軸とした攻撃的な並びが非常に流行していた。それらと同じようなパーティを使用するのは同速勝負の場面が多発するだろうと判断し、例によって懲りずにメタ側に回った。「耐久振りドレインパンチ」のようにガルーラをガルーラで対策する発想が横行したが、ガルーラミラーのいたちごっこに付き合っていては勝率が安定しないと感じ...

  • Comment 2
  • Trackback 0

【ORAS】瞑想クレセリア入りスタンダード【シーズン14使用構築(最終2215&2207)】

■最終レート メインロム:2207 (15位)サブロム:2215 (5位)シーズン14は、ゲンガーでガルーラと1:1を取って裏のスイクンなどで詰める動きや、逆にあえてガルーラでゲンガーと1:1を取って裏のキノガッサなどを通す動きが非常に流行していた。そこで、メガ同士の相打ちの後に非常に広範囲の相手を安全に処理することができるポケモンとして瞑想身代わりクレセリアが存在することに気づき、これを軸とした。<個体解説>ガルー...

  • Comment 0
  • Trackback 0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。