【ORAS】ジョウトオープン使用構築【最終1862・最終結果2位】

ジョウトオープン 

ポケモンから離れていた仲良しのフォロワーがジョウトオープンに面白さを見出して一時的に復帰していたのを見て、便乗する形で出場してきました。
全国図鑑001~251のポケモンのみ出場可能、過去作あり、持ち物あり、メガストーン禁止というかなり特殊なルール。過去に行われたカントーカップの発展系のようなものですね。
特殊ルールに参加するのが初めてということもあり環境が一切わからなかったので、仲良しフォロワーをもう一人誘って三人でああだこうだと考察をしました。
その結果一つの完成系のようなものに辿り着けた気がすると意見が一致したので、ジョウトオープン本番にもこのパーティを持ち込むことに。

【追記】
後日ランキング結果が発表されましたが、最終レート1862で2位を記録することができました。


種族名特性性格持ち物技1技2技3技4
カイリューマルチスケイル意地っ張り弱点保険逆鱗地震神速竜の舞
ハッサムテクニシャン意地っ張り命の珠バレットパンチ電光石火叩き落とす剣の舞
ヘラクロス自信過剰意地っ張り拘りスカーフインファイトミサイル針叩き落とすストーンエッジ
イノムー厚い脂肪腕白進化の輝石地震氷の礫ステルスロック吠える
サンダープレッシャー控えめ拘り眼鏡10万ボルトエアカッター熱風ボルトチェンジ
スイクンプレッシャー呑気オボンの実熱湯冷凍ビーム 絶対零度吠える


まず『カイリュー+ハッサム+地面+電気枠』を軸とした構築がトップメタになるだろうとすぐに判断できたので、ハッサムの+2珠バレットパンチを確定で耐えつつカイリューや電気、地面枠にかなりの耐性を持つことできるイノムーをステロ要因として採用。
次に単純に止まる相手が少ないという理由でカイリュー+ハッサムの並びを採用し、
→ ステロと合わせて耐久に薄いカイリューハッサムを縛ることができる眼鏡サンダー 
→ 広い対応範囲を持ち、見せ合い段階で厳しい相手への誤魔化しとなる絶対零度スイクン 
→ 呼びやすいライコウやフーディンなどの高速アタッカーを上から殴りつつ自身が抜きエースになることもできるスカーフヘラクロス 
の順に採用しました。

初手からステロを撒いて抜きエース二枚で展開していくよりは、対面性能の高いサンダーを初手に置き、苦手な相手に対して後発のイノムーを繰り出して隙を見てステロを巻き、サンダー及び三枚目の抜きエースのどちらかの一環を作れるように立ち回る対戦が多かったように思います。
特にこのルールだと「ガブリアス」という強力な地面タイプが存在せず、環境に存在する地面タイプもサンダーに対する遂行速度が遅いものばかりだったので、眼鏡サンダーで高火力を押し付けながらボルトチェンジで対面操作をしているだけでかなり有利に試合を運ぶことができました。




戦績:31勝3敗 最終レート1862  2位

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ちょっと強すぎるのでたまには悲惨な結果を出して下さい
プロフィール

jill_poke

Author:jill_poke
訪問ありがとうございます。
主にシングルルールに関する記事を投稿しているブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR