スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ORAS】壁クレッフィ軸【シーズン15使用構築(最終2204)】

season15.png

【最終レート】2204 最終36位

シーズン15は『ガルーラ+ガブリアス+キノガッサ、ファイアロー』等を主軸とした攻撃的な並びが非常に流行していた。それらと同じようなパーティを使用するのは同速勝負の場面が多発するだろうと判断し、例によって懲りずにメタ側に回った。
「耐久振りドレインパンチ」のようにガルーラをガルーラで対策する発想が横行したが、ガルーラミラーのいたちごっこに付き合っていては勝率が安定しないと感じたため、今回は発想を転換して『ガルーラ以外でガルーラを対策する』というコンセプトのもとに構築を組み始めた。
そこで、型の豊富なガルーラに対してどの技構成に対しても幅広く耐性を持つことができる『壁構築』に注目した。

壁という戦術は追加効果や急所による事故を招きやすいという先入観があったが、追加効果や急所で勝敗を左右されるのはどの種類の構築に関しても同じであり、前のめりな構築で同速勝負前提の対戦を仕掛けるより確率的に有利であると判断した。
今回は『壁クレッフィ+鬼火ゲンガー』の対ガルガブ性能に魅力を感じてこれを軸とし、どうしても多くなってしまう被弾回数による事故をできるだけ減らすためにタイプ補完を意識して裏を組んだ。


<個体解説>
採用順に紹介

707.png@ひかりのねんど
性格:図太い
実数値:164(252)-x-157(252)-x-107-96(4)
技構成:イカサマ でんじは リフレクター ひかりのかべ

182ガブリアスの「じしん」で134〜158(「リフレクター」込みで2耐え)

特性「いたずらごころ」や、ゲンガーと非常に相性の良いタイプという点などから壁要因として頭一つ以上抜けていると感じて採用。
両壁以外の技に関しては、「グロウパンチ」「つるぎのまい」などの行動に対して大ダメージのリスクを背負わせることができる「イカサマ」と、裏のゲンガーと相性が良く起点回避にも有効な「でんじは」を採用した。
このパーティの軸なので選出率は95%以上。

094m.png@ゲンガナイト
性格:臆病
実数値:157(172)-x-101(4)-200(76)-116(4)-200(252)
技構成:たたりめ ヘドロばくだん おにび みがわり

194メガガルーラの「れいとうパンチ」を火傷+リフレクター込みでみがわりが確定耐え(非メガ状態)
200ガブリアスの「げきりん」を最高乱数切り耐え ≒ 火傷+リフレクター込みで「みがわり」が最高乱数切りで耐える

壁クレッフィと非常に相性の良いメガシンカ枠。
メガ進化を温存することでガブリアスの一貫を切ることが可能で、特にスカーフガブリアスに対して非常に有利に立ち回ることができる。
ガルーラやガブリアス、キノガッサなどの物理ポケモンを主な仮想敵としているので「たたりめ」+「おにび」の型を軸とし、壁とも相性の良い「みがわり」を採用。
「みがわり」を残したまま相手を突破できれば裏にまで致命傷を負わせることができるため、物理アタッカーを主体としたパーティに対しては非常に有利な勝負を仕掛けることができた。

245.png@カゴのみ
性格:図太い
実数値:205(236)-x-148-115(36)-135-135(236)
技構成:ねっとう れいとうビーム めいそう ねむる

軸のクレッフィ+ゲンガーに一貫しやすい炎タイプに対して繰り出すことができる枠。
壁により従来の2倍の耐久を得たスイクンの打ち合い性能は目を見張るものがあり、終盤の詰め駒としてはもちろん高火力アタッカーとの殴り合いもこなすことができた。
キノガッサの個体数が非常に多かったので、見せ合いで選出を躊躇わずに済むように最速キノガッサ抜きまでSを伸ばした。
「ねっとう」+「れいとうビーム」が両方低乱数を引くと無振りキノガッサを落としきれないことがあるが、追加効果+急所率を含めると実質的には9割以上の確率で落とすことができるため、実戦での後出しキノガッサは全て狩り切ることができた。
ほぼHS振りなので素の耐久力にはかなり不安が残るが、壁を軸としているため問題ないと判断した。

445.png@ヤチェのみ
性格:陽気
実数値:183-182(252)-116(4)-x-105-169(252)
技構成:げきりん じしん がんせきふうじ つるぎのまい

電気無効枠であり、このパーティにおける唯一の物理アタッカー。
またリザードンやバシャーモのように見せ合いで物理特殊かわからない相手に対して強いため、クレッフィの壁張り択を防ぐことができる。
壁下では抜群でも殆どの攻撃を一発耐えることができるので「きあいのタスキ」ではなく、氷技を持っている電気タイプやメガガルーラへの遂行力を重視して「ヤチェのみ」を採用した。
壁+「ヤチェのみ」によりほぼすべてのメガガルーラやボルトロスに対面から勝つことができる他、交換読みの氷技に対してもケアが利くため非常に相性の良いアイテムであると実感した。

642r.png@じゃくてんほけん
性格:控えめ
実数値:181(212)-x-90-215(244)-100-128(52)
技構成:10まんボルト めざめるパワー氷 わるだくみ こうそくいどう

182ガブリアスの「ストーンエッジ」を確定耐え

ここまでの4匹ではボルトロスやスイクンに対する耐性がまだ心もとないため、それらに対して明確なメタとなりうる「じゃくてんほけん」霊獣ボルトロスを採用。
クレッフィとの相性補完に優れる他、壁と「じゃくてんほけん」のシナジーは抜群。
再戦など型バレをしていると抜群技を押してくれないケースがかなり多かったため、マンムーなどの処理を他に任せて「わるだくみ」を同時搭載し、より抜き性能に拍車をかけた。
また、ポリゴン2やクレセリアのような高耐久への崩しも担えるようになった。

282m.png@サーナイトナイト
性格:控えめ
実数値:173(236)-x-85-236(240)-155-124(32)
技構成:ハイパーボイス サイコショック めざめるパワー炎 トリックルーム

216メガボーマンダのスカイスキン「すてみタックル」を「いかく」トレース込みで最高乱数切り耐え

初手でクレッフィとバシャーモが対面してしまった時「リフレクター」と「ひかりのかべ」の択を強いられるため、初手バシャーモを強く牽制するという狙いでサーナイトを採用した。
それと同時に相手のメガガルーラを強く誘う駒でもある。
中レート帯に多かったナットレイ絡みのサイクルにかなり薄いパーティだったため、それらにeasy winするために「めざめるパワー炎」を採用。
化身ボルトロス、ゲンガー、ガブリアスのように複数の高速アタッカーでサーナイトを処理してくる相手が多かったため、それらに対して逆に全抜き性能を得ることができる「トリックルーム」を採用した。
クレセリアやポリゴン2の「トリックルーム」を打ち消したり、バシャーモの「まもる」に合わせて打つことでeasy winを拾ったりなど役立つ場面は想像以上に多かった。
この枠には「ちょうはつ」や「みがわり」が採用されることが多いが、素早さにあまり振っていないため生きるケースが少ないと判断した。


クレッフィ+ゲンガーの補完力で詰め切るのがコンセプトだったが、壁下のガブボルトスイクンの対面性能があまりにも高く、実質クレッフィ+メガシンカ二匹で戦っているような感覚だった。
壁構築に関する知識がかなり乏しかったためこの形にするまでにかなりの時間を費やしたが、最終的に環境に適した形にすることができたため安心している。
シーズン終盤に途端に相手の追加効果を引く回数が増え若干勝率が落ちてしまったが、それを含めてもここまでの記録を出すことができたので、当初の「択や同速勝負をできるだけ排除して安定行動で勝つ」という目標を達成することができていたと思う。
環境に多かった「ガルーラ+スカーフガブリアス」を軸とした攻撃的な構築に対しては、当初のシミュレーション通り余程不利な確率を引かなければほぼ勝ち切ることができた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

メガサーナイトの努力値配分ですが、記載されているのだと2多いです。

それと質問ですが、クチート軸に対しての選出と立ち回りを教えてほしいです。

No title

ご指摘ありがとうございます、訂正しておきました。

クチート軸は数が少なく軽視していたため非常に重く、相手によって選出や立ち回りを大きく変えなければなりません。
一番望ましい形としては、ゲンガー+クレッフィ@1の選出をし、サイクルの中でゲンガーでクチートをキャッチして「おにび」を入れ(あわよくば「たたりめ」で処理)、裏の非メガポケモンを通していく流れです。
ですが、相手の取り巻きによってはゲンガーが簡単に腐らされてしまうため、サーナイトを選出してトレース威嚇込みで相手の「じゃれつく」を一発耐えつつ「ハイパーボイス」で4割程削ることで「ふいうち」を打たれる確率を下げ、次に「めざめるパワー炎」を打って処理するパターンが何度かありました。
かなり安定しない処理ルートですが、仮に「ふいうち」でサーナイトが処理されてしまっても最低限の削りを入れていることでクレッフィ+裏のポケモンが通りやすくなり勝てることがそこそこあったので、過剰なメタを用意せずにこれらで妥協をしていました。
プロフィール

jill_poke

Author:jill_poke
訪問ありがとうございます。
雑なブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。