【ORAS】カバゲッコウガ【シーズン12使用構築(最終2207&2201)】



シーズン終了5日前辺りに1900前後で迷走して諦めムードだった僕にぐりーどさんが「猫秘密ガルーラ強いよ〜^q^」と教えてくれたので、それを軸に突貫工事で組みました。

シーズン12使用構築


450f.png@ゴツゴツメット
性格:腕白
実数値:215-132-163-x-114-67
技構成:じしん がんせきふうじ どくどく なまける

他の5匹全員と相性の良いゴツメ枠。ギルガルドとのシナジーやクレセリア入り崩す処理ルートの一つとしてどくどくを採用した。
構築が多少ゲンガーに薄いことや、ボルトロス等の特殊ポケモンとの対面でも役割を遂行できるようにDに厚く振っている。
基本的にガルーラ入りには選出していくが、水ロトムやジャローダ等の不利対面のケアがききづらい駒が相手にいる場合は他の処理ルートを考える。

006mx.png@リザードナイトX
性格:陽気
実数値:167-122-99-x-106-167
技構成:フレアドライブ ドラゴンクロー りゅうのまい はねやすめ

ガルーラで対処がしづらいバシャーモ、ルカリオ、ヤミラミ、鬼火アロー等に対して有利に打ち合えるメガ枠。
ドラゴン+フェアリーの並びやスイクンに対して有利に戦えるように、この技構成にした。
はねやすめはカバルドンやギルガルドのどくどくとの相性も良い。
舞わずともメガガルーラを上から(及び同速)殴れる、1舞後に意地っ張りスカーフガブリアスを抜ける等の利点から陽気最速。
非常に立回りが窮屈なポケモンなので、できるだけこちらではなくガルーラを選出するように意識することが重要だと感じた。

115m.png@ガルーラナイト
性格:意地っ張り
実数値:181-159-101-x-102-142
技構成:ねこだまし ひみつのちから ほのおのパンチ ふいうち

ねこだまし+ひみつのちからにより、ゴツメ枠絡みの相手と戦う時に非常に有利に立ち回れるガルーラ。
ねこだましを受けに来たクレセリアとの対面では相手の釣り交換が頻繁に行われたため、安定択として打つことができるひみつのちからは非常に良く刺さった。
環境にふいうち持ちのガルーラが非常に多く存在していたため、Sは落とさず準速を取った。個体数を増やしていた控えめ眼鏡サザンドラに対してもメガ後に上から殴ることができる。
毒の通らない鋼タイプ全般やゲンガーへの有効打として、ほのおのパンチを採用した。
この技構成の場合、メガヘラクロスやマリルリのように2発で倒すことができない相手が幾らか存在するため、そのようなポケモンを相手にするときはねこだましを打った後に裏の駒に引くなど柔軟な立回りをして処理する必要がある。

642.png@オボンのみ
性格:臆病
実数値:172-x-92-158-100-179
技構成:10まんボルト めざめるパワー氷 ちょうはつ わるだくみ

電気の一貫がある並びに対して崩しの手段として刺していけるわるだくみボルトロス。ギルガルドと同時選出することでガブリアス絡みのサイクルで有利に戦うことができる。
取り巻きで毒を撒いていることが多く、またボルトメタモン系統や受け回し系などへの解答に欠けていると感じたので、でんじはを切ってちょうはつを採用した。
試合終盤においてちょうはつはガルーラのふいうちやギルガルドのキングシールドとも相性が良く、リザードンの起点を作ることもできた。
ゲッコウガと若干役割が被っているため選出率はやや低めだが、パーティの穴を綺麗に埋めているため他に替わる駒はないと感じる。

681.png@たべのこし
性格:控えめ
実数値:161-49-171-85-172-108
技構成:シャドーボール どくどく キングシールド みがわり

一般的な残飯ギルガルド。龍やフェアリーの一貫を切りつつ、どくどくで相手に削りを入れていく。
カバルドンやギルガルド、ボルトロスと非常に相性が良く、サイクル戦においての立回りに柔軟性を持たせることができる優秀な駒。
みがわり持ちのガルーラに何もできないが、カバルドンの後投げが安定するため問題なかった。
鉢巻きガブリアスの個体数が非常に多くガルーラがワンパンされてしまうケースが多かったため、無理矢理ギルガルドを後投げすることも少なくなかった。

658.png@ラムのみ
性格:臆病
実数値:149-103-105-144-92-182
技構成:ねっとう れいとうビーム あくのはどう かげうち

KP上位のポケモンに刺さりが良く、カバルドン・クレセリア入り等に対しての崩しの駒。選出率は非常に高い。
全体的にバシャーモに薄めなことや、ガルーラの技構成上ヒードランに大しての有効打に欠けていたためこの技構成に落ち着いた。
かげうちでゴーストタイプになることにより、ガルーラのグロウパンチの起点を防いだりルカリオやキノガッサの先制技を透かして有効打を叩き込むなど重宝する場面は非常に多かった。



<まとめ>
急ピッチで組んだ構築だが運良く完成度が高くなり、2ROMでレート2200到達を達成することができました。(メイン2201、サブ2207)
確率引っ掛けのパーティや強気な行動を要求されるパーティが高レート帯を横行していた中、それらに対して安定した立回りで勝ちを重ねることができる構築になったと思います。
ただその代わりフシギバナ入りに114514回ボコられました。
来シーズンはモンハンにどっぷりだから潜らないだろうと思っていましたが、シーズンラスト3日間でのレート通話があまりにも楽しかった故にモチベーションが更にあがってしまったので、機を見てコツコツ潜りたいと思います。

ここまで読んでくださってありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

jill_poke

Author:jill_poke
訪問ありがとうございます。
雑なブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR