スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【第29回シングル厨のつどいオフ】炎上ガブリエル【予選抜け構築】

がんてつ

イラストは@gantetsu225さんから頂きました。全員色違いという所まで再現してくれました。

種付けして(エルフーン)
監禁して(ゲンガー)
炎上する(バシャーモ)
ガブリエル。

メガバシャーモを使いたいと思ったのがこの構築の始まり。
バシャの起点を作るのに非常に優秀なエルフーン、ステルスロッカーとして安定しているガブリアス、
エルフーンのやどみが展開を阻害してくるゲンガーやファイアローを狩るバンギラス。
ここまではほぼ固定メンツだったが残りの2体を1ヶ月ほどコロコロ変えた結果、最終的にこの2体に落ち着いた。


<個体解説>

garchomp-f.gif
○ガブリアス@襷 陽気 じしん/がんせきふうじ/ステルスロック/ほえる 
183-182(252)-116(4)-x-105-169(252)

ステルスロッキングと、積みエースのストッパーを担う。
氷技を持っているガルーラがあまりにも多すぎたため別のステルスロッカーを何度も考えたが、
どうしてもボルトロスに薄くしたくなかったのでガブリアスで落ち着いた。
受けループ相手とかじゃなければ基本的に初手で投げてもいいが、相手にゲンガーやガルーラがいる場合少し考える必要がある。
兎に角バシャの一貫性を作りたいので、有効打を打てる対面でも吠えたりするシチュエーションが多かった。


whimsicott.gif
○エルフーン@残飯 図太い なやみのタネ/アンコール/やどりぎのタネ/みがわり
163(220)-x-150(252)-x-95-141(36)

アンコールでバシャーモの起点を作るために採用したが、タイプが優秀なためバンギやゲンガーとサイクルを回しても強い。
ニンフィアとサナの一貫性ヤヴェ!って発狂しながらエルフーンのページを眺めてたらなやみのタネとかいう技を見つけた。
「なやみのタネ エルフーン」で検索をかけてたどり着いたのが偶然にも知り合いの単体考察記事だったので、本人に相談した結果「やっぱりクソ強そうじゃねWW」と満場一致してそのまま勢いで採用してしまった。
なやみのタネとは、相手の特性を【ふみん】に変えてしまう補助技。特性が強力なポケモンが多い現環境にぶっ刺さっていると感じた。
シングル厨では実際にカイロスのスカイスキンを消して攻撃を受け切ったり、ニンフィアのフェアリースキンを消して後続のバシャで安全に舞ったりと活躍の場が多かったので満足。
交代連打でやどみがループを抜けてこようとする相手に対してステルスロックを巻いてあるとどんどん削れていくので、ステロ+エルフだけでも非常に強かった印象がある。
性格は図太いと臆病で散々迷ったが、ガブやマリルリに後投げしたい場面が多かったので図太いに落ち着いた。
苦手な相手に対して無理やりやどみがで粘ったり、アンコールを打つことで起点にできるので選出率は圧倒的に高かった。
エルフーンを軸にしたパーティといっても過言ではなかったかもしれない。


blaziken-mega.gif
○バシャーモ@ナイト 陽気 とびひざげり/フレアドライブ/かみなりパンチ/つるぎのまい
165(76)-171(244)-90-x-90-136(188)
165(76)-211(244)-100-x-100-158(188) ※メガ進化後

この構築のエースにして撃墜王。ステロを巻いた状態で剣舞を積んだバシャーモを止められる相手は少ない。
エルフーンに抜群で入る技は飛行以外バシャーモが半減で受けれるので、エルフーンのアンコールから彼につなぐケースが殆どだった。
まもるがないので後出しスカーフランドロスを1加速で上から殴りたかった、それだけの理由で陽気にした。(+1フレアドライブで零獣ランドロス確定一発)
他にも素の状態でガッサやメガバンギを抜いていたり、1度メガ進化してしまえば意地ガルーラに対して上から蹴っ飛ばせたりと重宝する場面は多かった。
3ウェポン目は当然かみなりパンチ、バシャーモのケアをマリルリやギャラに任せている相手はみんな吹き飛んでいった。
アローにはどうあがいても上から縛られるので、選出しないかステロ+ミトムorバンギでどうにか処理するのが良い。


tyranitar.gif
○バンギラス@鉢巻 意地っ張り ストーンエッジ/かみくだく/おいうち/ばかぢから
207(252)-184(108)-145(116)-x-121(4)-85(28)

最初はメガ竜舞のバンギラスを使っていたのだが(これはこれで強い)、
ガブに仕事をさせてくれないこごかぜゲンガーや冷Bガルーラがあまりにも多かったため復讐するために鉢巻バンギを採用した。(バシャーモと同時選出したかったのもある)
ガルーラのねこだまし+じしんをほぼ耐えて返しのばかぢから+砂ダメで確定で落とせる調整。
また相手のゲンガーやファイアローはエルフーンに対してみがわりを警戒して鬼火を打てないので、このバンギラスを後投げすればほぼ1-1交換以上に持っていくことができた。きあいボールゲンガーは知りません。


gengar-mega.gif
○ゲンガー@ナイト 臆病 たたりめ/ヘドロばくだん/おにび/ちょうはつ
167(252)-x-81(4)-150-95-178(252)
167(252)-x-101(4)-190-115-200(252) ※メガ進化後

ここまで重めなマンムー、ガルーラ、カバルドン、フシギバナに役割を持てるポケモンとしてすんなり入ってきた。
特にカバルドンに対してマークを貼りたかったので道連れを切って挑発。
ゲンガーを採用してから、相手にフシギバナがいてもエルフーンの選出をためらわずに済むようになったのでとてもしっくりきている。
バシャーモ軸で組んだ構築だが、ゲンガーやバンギラスでエルフーンの苦手な相手をキャッチして狩る選出も多かった。
鬼火と挑発で起点作成もできるのでバシャと同時選出も問題なく行えた。


rotom-wash.gif
○水ロトム@スカーフ 臆病 ハイドロポンプ/ボルトチェンジ/おにび/トリック
133(60)-x-127-153(220)-128(4)-147(220)

破りパルシェンのストッパー、アローの一貫を消す、起点作成、カバルドンに対して役割を持てるという理由から採用したスカーフロトム。
ガルーラのねこだましでめっちゃ削れるのが辛い。彼もまたエルフーンとの補完に優れるのでサイクル戦にも強い。
特にいうことがなく普通に使いやすかった。


<雑感>
シングル厨当日は6勝3敗で2位抜け、決勝トーナメント一回戦でバシャーモが膝を外して敗退という結果になりました。
初の対戦オフで予選抜けができただけでもとても満足です。
【予選9戦+決勝1回戦での選出率】
ガブリアス6/10
エルフーン8/10
バシャーモ6/10
バンギラス4/10
ゲンガー 3/10
水ロトム4/10

基本選出はガブエルフバシャ。エルフーンを補完するように組んでいるので、エルフーン+2という選出が殆どでした。
起点作ってバシャで全抜きできるなと思ったら基本選出で良いです。

<反省>
ステロ+エルフ+α の並びは非常に強かった。しかし、氷技が一貫するのを考えるとステロ役がガブリアスである必要はほとんどないと感じた。
またナットレイに勝てるのがバシャーモしかいなかったので、ナット入の相手にバシャーモの選出を強制されるのは致命的だった。
これらの反省を踏まえるとやはりステロヒードランが適任なのではないかと感じている。
(実はオフ開始直前にガブとヒードランを入れ替えようとしていた)
エルフドランの形をとるとなると、水や電気が非常に通りやすくなってしまうので、構築のコンセプトごとがらっと変える必要があるように見える。
ただステロ+エルフーン+バシャーモの並びは汎用性が高く非常に強かったので、また機会があれば改良して組み直したい。



ここまで見てくださってありがとうございました。何か質問や意見などあればツイッター(@jill_poke)かコメントまでどうぞ。
近いうちにオフレポも投稿する(かもしれません)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jill_poke

Author:jill_poke
訪問ありがとうございます。
主にシングルルールに関する記事を投稿しているブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。