スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【構築案】バシャニンフィアマンムー

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

リザードン入りマンムーゲンガースイクン(シーズン7使用構築②)

一時期限定公開にしていたこちらの記事の詳細。

m02x.pngリザードナイトX(猛火→硬い爪)
性格:意地っ張り
実数値:171(140)-145(220)-98-x-105-139(148)
技構成:ニトロチャージ フレアドライブ げきりん つるぎのまい←→りゅうのまい

700.png@カゴのみ(フェアリースキン)
性格:控えめ
実数値:201(244)-x-111(204)-146(20)-151(4)-85(36)
技構成:ハイパーボイス あくび めいそう ねむる

145.png@たべのこし(プレッシャー)
性格:穏やか
実数値:197(252)-x-121(124)-145-139(132)-120
技構成:10まんボルト ねっぷう でんじは はねやすめ

m05.png@ゲンガナイト(浮遊→影踏み)
実数値:165(236)-x-80-153(20)-95-178(252)
技構成:シャドーボール おにび ちょうはつ みちづれ

473.png@きあいのタスキ(厚い脂肪)
性格:陽気
実数値:185-182(252)-101(4)-x-80-145(252)
技構成:じしん つららばり こおりのつぶて ステルスロック

245.png@ゴツゴツメット(プレッシャー)
性格:図太い
実数値:207(252)-x-176(196)-109-135-113(60)
技構成:ねっとう ほえる ねむる ねごと


ORAS以降、マンムーゲンガースイクン軸を組み始めるに当たって最初に到達した並び。
MGSが苦手な相手に広く戦えてかつ環境に刺さっているように感じたメガ枠としてメガリザードンXに着目し、この四匹を軸に組んだ。(詳しくは記事トップのURL参照)
最初はニンフィアの枠をカバルドンで回していたが水ロトムやボルトロスが重く感じて瞑想ニンフィアに変更。
当時同じ軸を回していたということで、シンクさんにスカイプでお話を持ちかけたのだが全く同じ並びであることが判明し、二人でシングルレートを頑張った結果悪くない戦績を残すことができた。
(シンクさんは2200到達しましたが僕は2200チャレンジの試合でクレッフィの威張るで負けました)


シンクさんの構築との相違点としては、こちらはマンムーのステルスロックを中心に展開していく。
マンムー自体の爆発力は下がるが、ほえるスイクン、あくびニンフィアを組み込んだサイクル戦で非常に有利に戦うことができる。
主にこちらに刺さりがちな相手のリザードンンやウルガモスに対して非常に強い。

個々が高いポテンシャルを持っている並びでカスタマイズ性があるので、数多く回したマンムースイクンゲンガー軸においてかなり完成度の高い並びだと思っている。


スペシャスサンクス
・シンクさん:同じ並びの使用者 http://sinkev.hatenablog.com/entry/2015/01/14/205657

壁エルレイド(シーズン7使用構築①)

メモ程度に残します。

707.png@ひかりのねんど(悪戯心)
性格:図太い
実数値:164(252)-x-155(236)-x-107-98(20)
技構成:イカサマ でんじは ひかりのかべ リフレクター

475-mm.pngエルレイドナイト(正義の心→精神力)
性格:陽気
実数値:175(252)-146(4)-85-x-135-145(252)
技構成:ドレインパンチ はたきおとす つるぎのまい みがわり(→しねんのずつき)

m05.png@ゲンガナイト(浮遊→影踏み)
性格:臆病
実数値:157(172)-x-80-165(116)-95-173(220)
技構成:たたりめ ヘドロばくだん おにび みがわり

642.png@いのちのたま(悪戯心)
性格:臆病
実数値:155(4)-x-83-177(252)-100-179(252)
技構成:10まんボルト めざめるパワー(氷) くさむすび でんじは

473.png@???(厚い脂肪)
※詳細は諸事情により割愛

245.png@カゴのみ(プレッシャー)
性格:図太い
実数値:207(252)-x-176(196)-109-135-113(60)
技構成:ねっとう ほえる めいそう ねむる


エルレイドを使おうとして組んだ構築ではなく、最後に補完でエルレイドが入ってきたもの。
マンムースイクンゲンガー+ボルトクレッフィを軸にした結果全体的にガルブシン、ガルクレセドラン等の並びの処理が窮屈だったため、それらを一層できるメガエルレイドを採用。(あとビジュアル)
初めは電磁威張るクレッフィとゲンガーを主軸にしていたのだが、こちらの記事を眺めていたところ新たな発想が脳内を走り、壁クレッフィ+エルレイドorたたりめゲンガーという2パターンの勝ち筋を選べる形にした。
動かし方については随所に落ちているクレッフィローブゲンガー軸の記事を見れば大体分かると思う。

重く感じた相手はヤミラミ、サーナイト、ニンフィア、ウルガモス、霊獣ボルトロスなど。
まだまだ改善の余地はある。

当時知り合いの中でエルレイド入りが謎の流行を見せていたにも関わらず、使用者は皆ことごとく「こいつやっぱり弱いからダメだ」と抜かしエルレイドを見限っていたので対抗心で作ったような面が若干あるかもしれない。


スペシャルサンクス
・あんずぽけさん:シングルレート及び九尾杯で同じ並びを回してもらいました http://blog.livedoor.jp/anzupoke/archives/1020414860.html
・あいぎすぽけさん:記事を参考にさせてもらいました http://aegispoke.blog.fc2.com/blog-entry-147.html
プロフィール

jill_poke

Author:jill_poke
訪問ありがとうございます。
雑なブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。