スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【オフレポ】第12回キツネの社オフ【前編】

(身内ネタあります)(今回は書くことが多いので簡潔に書きます)


朝9時30分、オタクたちが板橋駅に集う。
前回のシングル厨と違い電車を間違えた者もいなかったため、会場入りはスムーズに行うことができた。
会場につくなり、サンシャイン界隈・むくれねこ界隈を初めとするフォロワ-の皆さんに挨拶しにいったのだが
あまりに大規模なオフだったもので挨拶し回っているだけで開始時間が来てしまった。


というわけでさっそく対戦内容について入ります。

今回の使用したパーティはこちら
第12回キツネの社オフ使用構築~友情Red-Eyes~
カバルドン@ゴツメ
リザードン@ナイトX
エルフーン@残飯
ヒードラン@眼鏡
ギャラドス@ナイト
ギルガルド@ラム

エルフドランギャラガルドの並びの美しさに魅了され補完でカバリザXを採用した、という形でできたパーティ。
今回はブログなどを殆ど参考にせず、無から作り上げたパーティだったのでかなりの不安が残った。


○1R

相手:霊獣ボルトロス マリルリ リザードン(ラティオス ゲンガー バンギラス)

自分:ヒードラン エルフーン リザードン

殆ど出し負けするリスクが少ないヒードランを初手に置き、マリルリとバンギラスに対して抑止力となるエルフーンと技の通りがいいリザードンを選出。
初手のボルトロスに珠きあいボールをぶち当てられるが残りHP4残してミリ耐えしそのままオヴァヒで飛ばす。
マリルリが死に出しされるがエルフーンを警戒して太鼓は打てないだろうと考えオヴァヒで突っ張るが相手は腹太鼓、しかしオボンが発動せず相手は赤ゲージ。
ドランを捨ててエルフーンを死に出し、アクアジェットで4割ほど削られるもムーンフォースで落とす
ラストのリザXのフレアドライブを身代わり→アンコで縛り、こちらのリザXのげきりんで安全にフィニッシュ。
気合球を耐えたのが非常に大きく、ヒードランのD振りが生きた試合だった。


○2R

相手:ハッサム バンギラス トゲキッス(オーロット 霊獣ボルトロス クレッフィ)

自分:ギルガルド リザードン エルフーン

ヒードランがどちゃくそ刺さっていたのに何故か選出しなかった。ハッサムは自分のパーティに殆ど刺さっていないから切ったら選出をしたら出てきて泣いた。
内容としては有利対面取られて一方的に殴られているだけで負け。
バンギラスが地面技を持っていなかったらしく、ヒードランを選出していたらEasy Winできていた可能性があるのでこれは非常に情けなかった。
しかし自分の選出の安易さを反省し、今後に繋げられた試合でもあった。


○3R

相手:ガブリアス ルカリオ 霊獣ボルト(エムリット マリルリ バンギラス)

自分:カバルドン エルフーン ギャラドス

午前の部最後の試合。
「自分COいいすか。霊獣ボルト重すぎCOします」と告げたらCCOでエルフーンやばすぎCOを受けた。(人狼ネタ)
出し負けしづらいカバルドンを初手、起点構築なのはすぐわかったので起点回避と起点作成のエルフーン。
範囲だけなら刺さっているのはリザードンだったがステロが痛いのと、げきりんを打たされてマリルリでキャッチというのが怖かったのでギャラドスをエースに。
結果的に選出と立ち回りが噛み合い、相手のルカリオを起点にギャラが舞って抜くという形で勝ちを拾った。
霊獣ボルトがめざウイングだったらしいので、ガブ捨てのあとボルトから入られていたら怪しかったかもしれない。


~休憩~
近くのスーパーで昼食を調達。
ついでに身内ではあまりにも有名な「6Pチーズ」を購入。
これはリザードンを提供してくれた某氏の化身とも言える存在。(詳しくはwebで)
「今日は一緒に戦ってくれ、ルチアぽけ…」そう念じながら、6Pチーズをカバンにしまいこんだ。


○4R

相手:アグノム バンギラス ニンフィア(ランドロス ルカリオ 霊獣ボルトロス)

自分:リザードン エルフーン ギルガルド

かなり選出の難しかった試合だが、エルフーンの牽制が利いたのか初手ランドを回避できた。
カバリザの並びでリザYと決め打ちされたらしく初手に光の壁を貼られるがこちらはニトロチャージ。
相手は竜技を警戒したからかニンフィアに引くがフレアドライブで9割削る。
そのままニンフィアを倒してバンギラスを降臨されるがエルフーンで起点を回避し、こちらの勝ち。
リザードンがXであること、そしてニトチャフレドラ両立であることが最大限に活きた試合だった。



○5R

相手:クレッフィ ニンフィア パルシェン(メタモン リザードン ドサイドン)

自分:ヒードラン エルフーン ギャラドス

ESを見せた時点で相手が絶望していた。
ヒードランがあまりにも刺さりすぎていて、電磁波を撒いて印パルシェンでひるませるしかなかったとのこと
しかしエラーぽけから授かったヒードランは鬼の自覚を見せ、クレッフィとパルシェンを貫いたところで降参を貰う。
構築単位で有利だったので落とさなくて良かった。一つ反省するとすればギャラドスではなくギルガルドを選出すべきだったと思う。


○6R

相手:ゲンガー スイクン キノガッサ(カバルドン ルカリオ カイリュー)

自分:ギルガルド エルフーン ギャラドス

個人的にかなり反省すべきだった試合。
某所で見たカバルカカイリューの記事ではゲンガーが滅び守るだったため、初手のガルドゲンガー対面で守るを警戒して剣舞をしてしまった。(最大の反省点)
打たれたのはシャドーボール、泣く泣くこちらは影打ちを打つ羽目になるがスイクンを合わされる。
みがわりにエルフーンをあわせることができたので、なんとかケアできたがゲンガーを投げられる。
しかしエルフーンが挑発メガゲンガーを突破するという今世紀最大の怪奇現象が発生(おそらく有効打がなくムンフォに合わせてみちづれするしかなかったのだろうか)
そのままエルフーンの一貫性ができて勝ち。
初手の自分の行動が完全に弱かったので、今後に活かそうと思った。


○7R

相手:シザリガー バシャーモ ギルガルド(ライコウ パルシェン カイリュー)

自分:エルフーン カバルドン リザードン

カバルドンが極端に刺さっていたがザリガニとかいう超マッスルポケモンにびびってエルフーンを初手に置く。
1:初手はパルシェン引きを警戒してムーンフォース、しかしギルガルドを合わされる。
2:やどりぎを捨て気味に打って、ラスカノで落とされる。
3:リザードンを出してニトロチャージ、相手は突っ張りでガルド突破。
4:相手はバシャーモを出してメガ守る、こちらはげきりんを選択。
5:まだS関係がわからないので、相手はシザリガーを捨てる。(混乱自傷を狙う方針に変更したと思われる)
6:死に出しバシャーモが守ってリザードン疲弊混乱。
7:剣舞を恐れてカバルドンに引き、相手は膝選択 カバルドン残り6割弱。
8:カバルドン残りHP6を残して膝を耐えて地震で突破。

結果的にエルフーンをザリガニと対面させることができたが、パルシェンだったらムーンフォースを打ってリザードンで頑張る予定だった。
パルシェンとシザリガーの同時選出はしづらいはずだしされてもなんとかなってたと思うので、選出は正解だったと思う。
バシャの膝を二回耐えるかかりんカバルドンが完全に強かった。
ここで6勝1敗、本戦突破のチャンスを手にする

○8R

相手:ゲンガー ラプラス デンリュウ(ハッサム バシャーモ クレッフィ)

自分:リザードン ヒードラン カバルドン

最強の珍試合。
初手で出し勝ったように思えたが、催眠術を当てられる。
リザは温存すべきと感じ、次のたたりめで起きなかったのを見てヒードランにバックするも次ターンでヒードランも眠らされる。
ヒードランも最速起きせず突破され、カバルドン出すがカバルドンも催眠たたりめたたりめで突破される。ここで降参。
一回も技を打てずに負けるという極めて貴重な体験をさせて頂きましたw
こちらが一回でも動ければ大きく勝ちに近づいていたと思うが、やはり催眠を当てるのは強かった。


○9R

相手:グライオン ラッキー エルフーン(バンギラス ハッサム クレセリア)

自分:リザードン エルフーン ギルガルド

凄い強そうな受けループ。
初手リザグライ対面でラッキーに引かれたのを考えるとやはりYに見えやすいのだろうか。
エルフーンに毒が入るのを警戒してギルガルド→エルフーンの順に出す。
サイクルをまわす中でリザY警戒のラッキーにフレアドライブが入りそのまま連打で押し切れるが、グライオンが重いためかなりの長期戦となる。
互いのエルフーンをムーンフォースでいかに削るかの勝負になっていたのだが途中で相手のCダウンを引くことができて、そのまま押し勝ってグライ一匹に追い込みやどりぎを入れて勝ち。このCダウンがかなり大きかったと思う。
ラッキはリザエルフで充分見れていたので、ギルガルドではなくギャラドスを選出していればもっと楽に試合を運べたと思う。
どちらにせよ構築単位でかなり厳しい相手だと見せ合いで感じていた。


最終ラウンドでなんとか7勝目を勝ち取り、7-2で選抜けを確定させる。
この瞬間の安堵感は半端なものではなかったが、今まで以上の緊張が襲い掛かってくるとはこの時思いもしなかった。
僕の身内では、4連守るで勝ちを拾ったポテトくん、ヒードランを貸してくれた本人のエラーぽけ、当日朝に構築を完成させたひらさんが予選抜けをしていた。
ESには「全国200万人の女性ファンを獲得すべく予選抜けを目標に頑張ります」と書いたので、この時点で200万人の女性ファンを獲得していたのは言うまでもない。

~後半へ続く~
スポンサーサイト

~第29回シングル厨のつどいオフ~ オフレポ


こんにちは。先日、ライトさん主催の第29回シングル厨のつどいオフに参加してきました。
初の対戦オフということで満足に寝付けない中当日を迎えました。

乗り換えた駅のホームで待っている間に「片手にいろはす持ってるのが僕ですWWWW」的なことをツイットすると、直後に右の男性から声をかけられる。
「あの・・・じるさんですか?」
「あ、はい!」
「真白ァです」
全身真っ青の真白ァと対面、これが初めての”出会い厨”となった。


レートで勝てない愚痴を適当にこぼし合いながらも与野駅に到着し、ばっど氏、かっかーぽけさん、がんてつさん、初雪の四人と合流。
のはずだったが初雪が乗る電車を間違えたためあえなくコンビニで時間を潰すことに。 #初雪はクソ
ばったり出会った二日酔いの怪鳥おじさん(この後伝説となる男)に挨拶したりして時間を潰しながらも無事に初雪くんと合流。
初雪も昼飯を調達しに行くが、コンビニから出てきた彼の手には味玉が握られていた。これが後に†呪いの味玉†となることは誰も知る由もなかった。


会場に到着するやいなや、エントリーシートが渡される。僕が振り分けられたブロックはクチートブロックだった。
同じブロックにオフ強者のれいちぇるさんとA0くんがいるのを知り、まずここで発狂する僕。

開始までの時間は、他のブロックに振り分けられた皆の様子を伺いに行ったり、会場で会ったトリポカくん・垣谷くん・ポテトくんの三人と駄弁ったりして過ごした。
とある理由から僕の”支配下”にある垣谷くんだが、実際に会ってみた感想は思った以上に温厚でとてもいい子だった #媚び

---

今回自分が使用した構築はこちら
午前中はエルフーンでやどみが連打している試合が多く、昼休憩の時点で周りが5~6戦消化しているのに対して僕は2勝1敗の三試合しか消化できなかった。
クチートブロックのみなさんゴメンナサイって言ってる。
割と近い位置のブロックにいた怪鳥さんにこまめに戦績を聞きに行ったのだが、その度に

「0-2WWWWWWWWWWW」
「0-3なんだがWWWWWWWW」
「0ー4wwwwwwwwwwwwンッハッハッハッハwwwwwwww」

と爆笑しながら話していたのは記憶に新しい。


我々の業界では2-7をなんとしても回避しなければならない”定め”があったので、(2-7の初雪 で検索検索ゥ)
午前の時点で3勝していたばっど氏を羨みながら昼食を終えた。

---

午後の部の対戦では何故かなやみのタネエルフーンが謎のぶっ刺さりを見せ、怒涛の4連勝をあげる。
予選抜けにぐっと近づくが、その後れいちぇるさんとA0くんに2連敗して僕の予選成績は6-3で終わる。
厳しいかにも見えたが、同じ6-3で並んだ相手に直接対決で勝利していたので、初オフにして予選2位通過を成し遂げた。やったぜ。


予選が終わった時点でみんなの戦績を聞きに回った。
初雪の2-7再来で既に笑っていたのに、怪鳥さんの0-9で腹筋を完全に持っていかれた。
翌日、怪鳥さんの構築記事のツイートがRT100 Fav150を突破して更に爆笑したのは言うまでもない。
彼は揺るぎない”伝説”となってしまった。


そして僕の決勝一回戦の相手はノオーガブのハーミットさん。
バシャーモの通りが非常に良い相手だった。かに見えたが、肝心のバシャーモが膝を割ってしまい負け。
僕のシングル厨はベスト32で終了となりました。

---

とりあえず決勝まで見て帰るかー、ということになったため適当に時間を潰す僕たち。
飢え死にしそうだったがんてつに余っていたソーゼージパン(がんてつにうってつけ)を与えて僕の”支配下”に入れたり、
その場で11連勧誘をしてUR絵里をツモっていたかかりんに台パンしたりと濃密な時間を過ごした。

初雪とかかりんがフレ戦をしていたのだが、ラス1でバシャーモ(初)と破り後パルシェン(か)が対面した時に
「2連守るすればいけるいける!!!1111」
と叫んでいた初雪のバシャーモを技構成を見たらノーウェポンのバトン型で、そこにいた全員を爆笑の渦に巻き込んだ。 #初雪はクソ #エンターテイナー初雪

---

シングル厨の閉会を見届けた後は、僕 真白ァ かかりん ばっど氏 初雪 がんてつ かめさん の七人で最寄りのサイゼリヤに向かった。

適当に駄弁りながら1時間くらい居座ったのだが、一番印象に残ったのはプレシャス三犬の話。
最初は「チョッキエンテイ超強くねWW」という話題だったのだがエスカレートするにつれて
「てかプレシャススイクンこんなに大量発生してるの普通におかしいだろ」というグレーな話になっていった。
ここで『合法スイクン』『脱法スイクン』という言葉が産まれた。


そんなこんなで10時半くらいに解散した。
ばっど氏はかっかー邸に泊まったらしいのだが、夜通し『ウェイ』していたという。


~~まとめ~~

初参加で不安の大きかった対戦オフでしたが、1日通して本当に楽しいことずくめでした。
フォロワーの皆さんとも挨拶できたし新たな知り合いもできたので、参加して良かったと心のそこから思えるシングル厨になりました!
主催のライトさんとスタッフのみなさん、そして参加者のみなさん本当にありがとうございました!
プロフィール

jill_poke

Author:jill_poke
訪問ありがとうございます。
主にシングルルールに関する記事を投稿しているブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。