強いパーティを作る


 ポケモンはメタゲームである以上、環境が回り続けるのが常です。
そのため構成を変えずに長期的に上位にとどまり続けることができるパーティはほぼ存在しないと考えています。
回り続ける環境の中で、その場その時において勝率が高くなりやすいパーティは大きく分けて3種類あります。

A:6匹での総合値が高く、後手に回るような相手が少ないパーティ

B:上位で流行している特定の並びに対して高い勝率を維持することができるパーティ

C:意識されにくい特殊なギミックでeasy winを稼ぐパーティ


Aタイプ:6匹の総合値が高く、後手に回るような相手が少ないパーティ

 性能が高いポケモンを多く採用したAタイプは不利を取る相手が少なく、また多少の不利相性でも覆すことができるケースが多いため対戦数を重ねるごとに勝率が上がっていくパーティです。
前世代と比較してアーキタイプの多様化が進み、更にレート差マッチングを意識せざるを得ない7世代オンライン環境においては最も適している組み方であると言えるかもしれません。
ここでいう総合値とは単に種族値の話ではなく、特性・持ち物・配分・連携などの様々な要素を組み合わせた結果の広い意味での”強さ”を指しています。
総合値が高く特定のムーブに依存しすぎないパーティはシーズンを跨いでも腐りにくいという点も大きなメリットです。


Bタイプ:上位で流行している特定の並びに対して高い勝率を維持することができるパーティ

 特定の並びに対しての勝率を強く意識したパーティ。上位プレイヤーが中心となる小~中規模大会など、KPに偏りが出る可能性がある対戦環境においてはAタイプ以上の勝率を期待できる場合もありますが、メインとなる仮想敵以外に対しての勝率も重要であるレーティング環境ではメタに寄せすぎるのはあまり望ましくないかもしれません。
S7記事の構築経緯に「このパーティ(カバマンダ)を強く意識しすぎた構成のパーティは上位まで勝ちあがれないと予想していた」と書きましたが、その理由もこれです。
カバマンダに高い勝率を出せる構築とスキルを持ち合わせており、尚且つそれ以外の様々なパーティに対しても高い勝率を維持して高いレート帯まで勝ち上がってくることができるプレイヤーは10人にも満たないと思っていたため、メタが回ってくることに対しての恐れは殆どありませんでした。

Cタイプ:意識されにくい特殊なギミックでeasy winを稼ぐパーティ

 動き方が認知されるまでが寿命で、シーズン終盤や大会など、少ない対戦数で一気に勝利数を稼ぐのに向いています。
しかし、メガシンカ/Z技/フィールド特性といった強力な新要素の登場によりギミック系統の自由度は大きく制限されてしまいました。
実際このようなパーティで勝ち残ることは極めて難しく、7世代発売から7シーズンが経過した現在でも結果の出ているギミック構築はほぼありません。


 さて、パーティの性質を3つに大きく分類して紹介しましたが、ここで重要なのは一つのパーティに対して複数の性質が重複し得るということです。
レーティング環境で勝ちやすい傾向にあるのはAタイプとは言ったものの、環境が固まって高レート帯のマッチングに偏りが出始めた場合はもちろんそれらを重点的に対策する、即ちBタイプの性質をパーティに取り入れたほうが当然勝率は上がります。
逆に言えば、仮想敵への勝率を意識しすぎた結果思ったよりもマッチングせず他の並びに負け越しているようでは本末転倒です。
いま自分がいるレート帯(もしくは大会)のレベルと環境をしっかりと把握し、どこに重点を置くかを見定めることが勝率の向上への近道となるでしょう。



 では、そもそもどのようにしてパーティを組むのか という話に移ります。

軸について

 まず出発点として使いたいポケモンや構築軸を決めることになるとは思いますが、慣れていない人なら正直これは何でもいいです。
上位のパーティを参考にしたり、好きなポケモンを使ってみたり、動画で見たパーティを真似てみたり。
ここで忘れてはならないのは、はじめに軸となったポケモン(または並び)が本当に軸足り得る存在なのかを常に疑い続けることです。超重要
嫁ポケや縛りプレイなど、どうしても軸を変えてはいけない理由があるならばそれは一つの素敵な楽しみ方なので問題ないです。
とにかく強くなりたい、勝率を上げたいという人ならば、その環境において最も勝ちやすい軸を探し続ける姿勢は絶対に欠かせません。
 例えばの話ですが、メガクチートを軸にしたとして、ギリギリの択勝負になる対戦が何試合も続く場合はそれはパーティとして不安定であることの裏付けになります。
構成を変えてもあまり変化が見られない場合は、メタグロスやボーマンダといった他の軸に手を伸ばしてみる方がいいかもしれません。(あくまで例え話ですが)
本当に強いパーティというのは確率面で圧倒的に優位に立てる対戦が多く、そもそも相手がどんなに運が良くても有無を言わさず勝てるという試合も少なくありません。

ダメージ計算

 パーティの質を上げる際に、ダメージ計算は実機を用いずにできる手段の中で最も優れているものの一つです。
使おうとしているポケモンの配分がどの程度の耐久力を持っているか、どの程度の火力を持っているかは、沢山知っていればそれだけ実戦で有効に働きます。
スマホアプリなどで手軽に行えるので、できるだけ多くのダメージ感覚を身に着けておきましょう。

 また時間のあるときはブラウザのトレーナー天国を使うことをお勧めします。
同じ技を複数回打った(打たれた)時の瀕死率を急所率込みで計算してくれます。意外とここを見てない人が多いんですが、そこそこの耐久ラインがあるポケモンの計算をするときは特に参考になるのでお勧めです。
キャプチャ



実戦を通してパーティの練度を上げる

 机上で6匹の構成を全て決めきったとしても、その状態のまま何も変えずに走りきれることはほとんどないと思っていいです。
ひとまず今持っている知識を絞って考えて、実際に対戦を重ねて改善点を探していくのが基本です。考えてもわからない人はとにかく強い人の真似をしてください。模倣から入ることで何が強いかを把握しやすいですし、そのパーティの弱点も直感的に理解しやすいので一石二鳥です。

 実戦経験はパーティを組む上で大きな財産になります。基本的には多ければ多いほど良い。とはいえ我武者羅に対戦数をこなせばいいというわけでもなく、重要になるのは敗因の分析です。
択で負けたり、選出が噛み合わなくて負けたり、技や配分の影響で負けたり、低確率を引いたりと敗因は様々ですが、敗因をどう捉えるかによって構築のレベルは大きく変わってきます。

 例えば シャドーボール/毒毒/キングシールド/身代わり@残飯 のギルガルド201611132052385e3.pngが入ったパーティで100戦回したとして、負け試合のうち70%以上が「鋼Zの物理剣舞型ならば勝っていた」とするならば、それは型を変更したほうが勝率を期待できます。
しかし、「剣舞なら勝っていた試合は少しだけあったけど、それ以上に毒残飯だからこそ勝てた試合のほうが圧倒的に多かった」という分析結果ならば、ギルガルドの型は勝ちに大きく貢献しているため変えない方が良さそうに見えますね。

 他にも、自分が安定択だと思って選んでいた技選択が相手の行動と噛み合わずに何戦も落としてしまうことがあると思います。そういった状況に置かれた時はじめにするべきことは、相手の行動にケチをつけることではなく、その敗北を偶然起きた事故だと割り切るか、自らの手で対策を講じるべきものかどうかを見定めることです。

 今の環境は本当に色んなパーティとマッチングしますし、対戦相手も色んなことをしてきます。全て完璧に対応しようと思っていたら埒があきませんので、数の少ない並びや構成、状況を軽視する必要性は自然と生まれてくるでしょう。
対戦数を重ねることで、何を重視して何を軽視すべきかが明らかになっていきます。勝ちに貢献している要素を大切にし、負けを作り出している要素を慎重に削っていくことでパーティとプレイングの練度は徐々に上がっていくのです。
故に、実戦経験なしに質の高いパーティは絶対に生まれないと考えています。
 完成度100点満点のパーティはもちろん存在しません。私自身ブログに投稿したパーティでこれ以上変更の余地がないと思ったものは一つも無く、全てが苦し紛れの最終形です。
また種族や型を変更した結果、今度は別の負けパターンが増えたり、変えなくていいと思っていた枠が怪しくなってきたりすることはよくあります。そういった吟味を何度も繰り返して「一番マシ」と思える形を探し出すのが構築作りです。


 とはいえ人間の時間は限られているので、一人でできるルーティンには限度があります。
知り合いに意見を貰ったり、ツイッターで誰かに質問してみたり、生放送やブログで情報を集めたりという方法は大きな近道になるので、積極的に活用していくべきです。
パーティの質には今まで積み重ねた知識と経験の量がそのまま反映されるので、最初からいきなり質の高いパーティを作ろうとは思わずにゆっくりと土台を積んでいきましょう。
スポンサーサイト

~第29回シングル厨のつどいオフ~ オフレポ


こんにちは。先日、ライトさん主催の第29回シングル厨のつどいオフに参加してきました。
初の対戦オフということで満足に寝付けない中当日を迎えました。

乗り換えた駅のホームで待っている間に「片手にいろはす持ってるのが僕ですWWWW」的なことをツイットすると、直後に右の男性から声をかけられる。
「あの・・・じるさんですか?」
「あ、はい!」
「真白ァです」
全身真っ青の真白ァと対面、これが初めての”出会い厨”となった。


レートで勝てない愚痴を適当にこぼし合いながらも与野駅に到着し、ばっど氏、かっかーぽけさん、がんてつさん、初雪の四人と合流。
のはずだったが初雪が乗る電車を間違えたためあえなくコンビニで時間を潰すことに。 #初雪はクソ
ばったり出会った二日酔いの怪鳥おじさん(この後伝説となる男)に挨拶したりして時間を潰しながらも無事に初雪くんと合流。
初雪も昼飯を調達しに行くが、コンビニから出てきた彼の手には味玉が握られていた。これが後に†呪いの味玉†となることは誰も知る由もなかった。


会場に到着するやいなや、エントリーシートが渡される。僕が振り分けられたブロックはクチートブロックだった。
同じブロックにオフ強者のれいちぇるさんとA0くんがいるのを知り、まずここで発狂する僕。

開始までの時間は、他のブロックに振り分けられた皆の様子を伺いに行ったり、会場で会ったトリポカくん・垣谷くん・ポテトくんの三人と駄弁ったりして過ごした。
とある理由から僕の”支配下”にある垣谷くんだが、実際に会ってみた感想は思った以上に温厚でとてもいい子だった #媚び

---

今回自分が使用した構築はこちら
午前中はエルフーンでやどみが連打している試合が多く、昼休憩の時点で周りが5~6戦消化しているのに対して僕は2勝1敗の三試合しか消化できなかった。
クチートブロックのみなさんゴメンナサイって言ってる。
割と近い位置のブロックにいた怪鳥さんにこまめに戦績を聞きに行ったのだが、その度に

「0-2WWWWWWWWWWW」
「0-3なんだがWWWWWWWW」
「0ー4wwwwwwwwwwwwンッハッハッハッハwwwwwwww」

と爆笑しながら話していたのは記憶に新しい。


我々の業界では2-7をなんとしても回避しなければならない”定め”があったので、(2-7の初雪 で検索検索ゥ)
午前の時点で3勝していたばっど氏を羨みながら昼食を終えた。

---

午後の部の対戦では何故かなやみのタネエルフーンが謎のぶっ刺さりを見せ、怒涛の4連勝をあげる。
予選抜けにぐっと近づくが、その後れいちぇるさんとA0くんに2連敗して僕の予選成績は6-3で終わる。
厳しいかにも見えたが、同じ6-3で並んだ相手に直接対決で勝利していたので、初オフにして予選2位通過を成し遂げた。やったぜ。


予選が終わった時点でみんなの戦績を聞きに回った。
初雪の2-7再来で既に笑っていたのに、怪鳥さんの0-9で腹筋を完全に持っていかれた。
翌日、怪鳥さんの構築記事のツイートがRT100 Fav150を突破して更に爆笑したのは言うまでもない。
彼は揺るぎない”伝説”となってしまった。


そして僕の決勝一回戦の相手はノオーガブのハーミットさん。
バシャーモの通りが非常に良い相手だった。かに見えたが、肝心のバシャーモが膝を割ってしまい負け。
僕のシングル厨はベスト32で終了となりました。

---

とりあえず決勝まで見て帰るかー、ということになったため適当に時間を潰す僕たち。
飢え死にしそうだったがんてつに余っていたソーゼージパン(がんてつにうってつけ)を与えて僕の”支配下”に入れたり、
その場で11連勧誘をしてUR絵里をツモっていたかかりんに台パンしたりと濃密な時間を過ごした。

初雪とかかりんがフレ戦をしていたのだが、ラス1でバシャーモ(初)と破り後パルシェン(か)が対面した時に
「2連守るすればいけるいける!!!1111」
と叫んでいた初雪のバシャーモを技構成を見たらノーウェポンのバトン型で、そこにいた全員を爆笑の渦に巻き込んだ。 #初雪はクソ #エンターテイナー初雪

---

シングル厨の閉会を見届けた後は、僕 真白ァ かかりん ばっど氏 初雪 がんてつ かめさん の七人で最寄りのサイゼリヤに向かった。

適当に駄弁りながら1時間くらい居座ったのだが、一番印象に残ったのはプレシャス三犬の話。
最初は「チョッキエンテイ超強くねWW」という話題だったのだがエスカレートするにつれて
「てかプレシャススイクンこんなに大量発生してるの普通におかしいだろ」というグレーな話になっていった。
ここで『合法スイクン』『脱法スイクン』という言葉が産まれた。


そんなこんなで10時半くらいに解散した。
ばっど氏はかっかー邸に泊まったらしいのだが、夜通し『ウェイ』していたという。


~~まとめ~~

初参加で不安の大きかった対戦オフでしたが、1日通して本当に楽しいことずくめでした。
フォロワーの皆さんとも挨拶できたし新たな知り合いもできたので、参加して良かったと心のそこから思えるシングル厨になりました!
主催のライトさんとスタッフのみなさん、そして参加者のみなさん本当にありがとうございました!
プロフィール

jill_poke

Author:jill_poke
訪問ありがとうございます。
主にシングルルールに関する記事を投稿しているブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR